未来の息子に伝えたい本当に役に立つ教科書

我が子の誕生をきっかけに、我が子に絶対に教えておきたい知恵や教訓をまとめ、本当に役に立つ教科書を作ることにしました。

負けを運のせいにしている限り実力は付かない


この記事は哲学・ポエムカテゴリの文章です。
記述内容を無批判に受け入れることなく、読者自身が考えるきっかけにしていただきたいと思います。


スポーツや勉強、ゲームなど、世の中には多くの勝負事があります。

これら、あらゆる勝負事において、負けを運のせいにしている限り、実力は付きません。

したがって、他人に勝てるようになることもありません。

ツキがないのではなく、実力がないのだと気付くまで負け続けます。

なぜなら、運が悪かったから負けた、という考えは、負けという結果に対する真の原因が見えていないからです。

運が勝敗を分ける段階になる前に、打てる手があったはずです。

ライン際のボールがどちら側へ転がるか、それは運次第です。

しかし、ボールがライン際に行ってしまう前まで遡って考えれば、自分の実力不足が見えてきます。

実力があれば、運次第になる前に勝負を決められたはず。

そう考えて初めて、自分の弱点を知ることができ、実力を伸ばすことができるのです。

運に頼らずに勝つことを考えてはじめて、勝負の土俵に上がることができます。