未来の息子に伝えたい本当に役に立つ教科書

我が子の誕生をきっかけに、我が子に絶対に教えておきたい知恵や教訓をまとめ、本当に役に立つ教科書を作ることにしました。

2019年1月中旬、僕の第一子が誕生しました。
我が子の誕生をきっかけに、この子の将来について真剣に考えた結果、僕は一つの決意をしました。

それは、未来を生きる子どもたちのため、本当に役に立つ教科書を作ることです。
教科は、[社会の仕組み] [自然界の仕組み] [人間の仕組み] [哲学とポエム]です。

先に明言しておきますが、僕は今までの日本の教育制度や教育習慣が悪いとか気にくわないなどとは全く思っていません。

むしろ僕個人としては、既存の教育制度にうまく適応できたおかげで、ある程度の学歴や職歴などの社会的な地位、そして経済的な自由を手に入れることができたと思っており感謝しています。

しかしながら、過去数十年続けてきた日本の教育を受けて育つこれからの子どもたちが、20年30年後の未来で世界と競争し続けられるかは不安と言わざるをえません。

日本は2019年の現在ですら、家電もハイテクもAIも世界から大きく遅れを取っています。そのうえ、世界で唯一の少子高齢社会(もはや「化」がない)が到来しています。

そんな日本の20年後30年後ですから、今までと同じ教育方法が今後も通用し続けると楽観視することは到底できません。

自分自身の未来が不安なだけならまだしも、大切な子供たちの未来の話です。

僕は昭和の終わりに生まれました。ですから、まだ昭和後期の日本が築き上げた栄光が残っていた時代に学生時代を過ごしました。
そうやって大人になった僕たちが、「僕たちの世代は、この教育方法でうまくいった。だから今までの教育方法には実績がある。絶対にうまくいく。信じて頑張れ!」などと言うのは、子どもたちに対して誠実ではないと感じます。

すでに世界における日本の立場は変化しています。日本国内の状況も昔とは大きく異なります。僕は、ひとりの親として、我が子に未来を生き抜く力を身に付けさせてやりたいと思っています。

もしかすると、「そんなに日本の教育が嫌なら、外国でもどこへでも行けばいいじゃないか」というご意見を持つ方がいるかもしれません。しかし残念ながら、親である僕自身が今までの日本の教育で育ってきたため、我が子を外国で育てるイメージがわきません。
可愛い子には旅をさせよ、とか、獅子は子を千尋の谷へ突き落すとか言いますが、僕は、我が子を言葉も通じない・親のサポートも十分に得られない環境に置くことが現実的な最適解だとは思いません。

繰り返しますが、僕個人は今までの日本の教育が悪かったなどとは全く考えていません。
ただ、これからの世界と日本を前提とすると、今までの教育だけを受けて育つ子供たちが、未来を生き抜く力を十分に身に付けられないかもしれないと、そう思っています。

我が子に、親としての十分なサポートをしてあげるために、今までの日本の教育を土台としつつ、未来を生き抜く力を培ってほしい。そのために、本当に役に立つ教科書を作ることを決めました。

プロフィール
id:Pa_Pa_To_Ri はてなブログPro
ブログ投稿数
30 記事
ブログ日数
24 日
継続期間
12 週間
読者
11 人 smatech fuwarinonikki kinpa0303 jibunnnokara bero3 outsider6 meganezaruru mayaaaaasama chisato_14